つくりおきを用意して毎日の夕食を楽にしている

俺はウィーク2回研究置きの惣菜を作っていらっしゃる。 寒い時期は問題ないのですが、梅雨時期は惣菜の疼痛が気になります。 いまひじきって大豆の煮物を作ったのですが、週間経たずしてこだわりが出てしまいました。まったく朽ちる間一髪だったようですが、ずいぶん危険な実情でした。 そこで、梅雨時期の研究置き方策として湿気の多い煮物や疼痛の手っ取り早い肉類は研究置きしないことに決めました。 また、インストール入れ物の殺菌を徹底しました。インストール入れ物はとにかく焼酎殺菌し、惣菜を出し入れする時は清潔な菜箸を活かしました。 これを徹底するため、大いに綺麗な状態でインストールできるようになりました。 研究置き惣菜はお弁当にも入れるのですが、きっちり清潔な菜箸を使用し、絶対にじかに食べたりはしません。お弁当に閉じ込める時は入れ物の焼酎殺菌はもちろん、惣菜同僚がくっつかないようにお弁当用のちっちゃなシリコンカップに分けて取り入れるようにしました。 味覚が混ざると痛みづらいようです。味付けも痛み辛いように濃いめにすることを心がけていらっしゃる。また、冷凍おにぎりなど保冷剤代わりに達するものを一緒に入れて運ぶようにしています。 これらの方策をとったおかげで、梅雨時期も安全にめしを食べられそうです。